最新情報

風呂場屋根完成

120804_1533~01.jpg

主人もいろいろと悩んだようですが、予想を上回る出来映えになりました。
湯気逃がし口も十分とってあるし、今までと同じ浴室なのに天井が高い分開放感があります。
本日より日帰り入浴、宿泊も再開しました。

風呂場屋根途中経過

TS3Y038800010001.jpg TS3Y03930001.jpg

連日35度を超える猛暑のなか、大工さんたちが頑張ってくれています。
温泉という特殊な場所を囲うため、いかに湯気を逃がして冬場の結露を防ぐか、みなで知恵を出し合いました。
今回は換気口をかなり大きくとり、さらに天井板を取り払って梁をむき出しにすることにしました。
開放感がでたようです。

本日より、新潟県に抜けられます!

120723_0759~01.jpg

昨年この欄でも取り上げましたが、一年前の新潟・福島豪雨で大きな被害を受け、通行止めとなっていた国道252号線の被災区間(田子倉湖船着き場〜県境)が通行可能となりました。
奥会津から新潟県魚沼市に抜ける六十里越えルートです。
予定より2ヶ月早い開通となったそうで、ありがたいです。

本日の収穫

TS3Y03770001.jpg TS3Y03790001.jpg TS3Y03800001.jpg

梅雨も開け、奥会津も本格的な夏となりました。
インゲン、ナス、ししとうなど、夏野菜は毎日見回って収穫してやらないと、あっという間に巨大化して株も弱ってしまいます。
カゴの中のかぼちゃの花は、お客さまの天ぷら用。

只見川の川霧

TS3Y03730001.jpg

この時期、只見川には川霧がよく発生します。
今朝も幻想的な様子に誘われて、車を停めて撮影してみたのですが、なにぶん腕が悪く実際の美しさの半分も写ってませんね…。

通行止め解除しました

TS3Y03710001.jpg

昨年の崖崩れで通れなかった向かいの道路。復旧工事が終わり、通行可能になりました。通常通りお越しいただけます。
なお、橋脚が落ちた只見線は復旧のメドがたっておらず、現在「会津若松」〜「会津川口」止まりで、只見までは川口駅から代行バスが走っています。国道252号線ともども新潟へ抜けられませんのでご注意ください。

アユ解禁!

TS3Y03640001.jpg

明日6月24日(日)鮎釣り解禁です。
今日から下見の人がチラホラ来てます。
最寄りの「おとりアユ」販売所は、湯八木沢の飯塚商店さんです。
現在イワナは禁漁ですのでご注意ください。

睡蓮と池の主

120611_1233~01.jpg

今日は梅雨の晴れ間で気持ちいい天気なので、館内に風を通したりしています。
ふと中庭の池を見ると、姫スイレンが三兄弟のように並んで咲いていました。
奥の葉の上に見えるのは池の主(カエル)で、オレの席とばかりにいつもあそこに陣取っています。雨が降る前に「ゲーコ、ゲーコ」と大声で鳴き出すので、近くを通ったお客さんはびっくりしてキョロキョロ捜していますよ(笑)。

スズランとヒメシャガ

TS3Y03430001.jpg

会津盆地は田植え真っ盛り。畑では、夏野菜の植え付けも始まりました。滝の湯もインゲン、青ジソ、赤かぼちゃを定植し、トウモロコシを蒔きました。ささやかな畑ですが、まだまだやることは山積みで、この時期は毎年大忙しです。昨年うちで避難生活を送っていた方たちが手伝いに来てくれて、花や野菜の苗も種から育てたものをたくさん持ってきてくれました。葛尾村のご自宅には庭も畑もあるのに、放射線量が高くて植えられないのです。仮設住宅では本格的な畑のスペースもありませんし。長年農業をやってきた方々にとっては、春に農作業ができないのは本当に張り合いがないことだろうと胸が痛みます。